本文へスキップ

宅建業免許申請、宅建業免許更新の行政書士ハーツ事務所

行政書士ハーツ事務所     
TEL: 03-6908-9633 
 
(受付:平日9:00〜18:00)

不動産業(宅建業)の経営が円滑に進むようサポート
   

ホーム会社設立・経営支援宅建業免許   事務所概要・プロフィール 

ハーツ事務所は、宅建業免許などの許認可取得を通じ経営支援を行っています。

宅地建物取引業(宅建業)免許申請手続き

  @新規の宅建業免許申請の書類作成を迅速に行います。
  A宅建業免許の更新や変更届出等の手続きも迅速に行います。
  B宅建業開業に伴う会社設立や経営支援も行います。


  1. 宅地建物取引業とは? ⇒ 宅地又は建物の売買・交換・賃借に必要な免許
  2. 宅建業免許の要件  ⇒ 事前に要件確認が必要
  3. 宅建業免許申請手続きの流れ  ⇒ 都道府県知事又は国土交通大臣への申請手続き
  4. 宅建業免許申請の必要書類  ⇒ 申請書や証明書をもれなく作成・収集の必要
  5. 宅建業免許免許更新・変更  ⇒ 免許の更新は5年ごと、変更はその都度
  6. お問合わせ・報酬  ⇒ お気軽にご相談下さい!
  *平成27年4月1日から宅地建物取引業法の改正があり、「宅地建物取引主任者(宅建主任者」の
   名称が、宅地建物取引士(宅建士)に改称されています。

 
     起業や経営に関するブログを更新中 ↓
    起業支援・経営支援 〜経営者の役割〜 by 行政書士ハーツ事務所 

宅地建物取引業とは?

  宅地建物取引業(宅建業)は、@宅地又建物について自ら売買又は交換することを業と
  して行う、A宅地又は建物について
他人が売買、交換又は賃借するにつき、その代理
  
若しくは媒介することを業として行うことを言います。

 免許の種類
   
宅建業の免許は、個人と法人が受けることができ、事務所の設置状況によって免許の
  
種類が違います。
  
都道府県知事の免許: 1の都道府県に事務所を設置
  
国土交通大臣
の免許: 2以上の都道府県に事務所を設置

 
  
免許の有効期間       
    
免許の有効期間は5年
で、更新する場合は、有効期間が満了する90日前から30日前
   までに更新手続きをする必要があります。

 

宅建業免許の要件

宅建業免許を受けるには、要件や審査等があります。要件のいくつかは下記のようなものです。

・専任の宅地建物取引士

  事務所ごとに専任の宅地建物取引士を設置しなければなりません。専任の宅地
 建物取引士は、事務所に
常勤して、専ら
宅建業の業務に従事することが必要です。
 また、専任の宅地建物取引士は、業務に従事する者
5名に1名以上の割合で設置
 しなければなりません。

      
・事務所の形態
  
宅建業の業務を継続的に行える機能を持ち、独立した形態を備えておく必要が
 あります。独立した形態とは、事務所専用の出入口や他の部屋との間仕切りに
 より独立した形態を整える必要があります。


・欠格事由
  
免許不正取得や禁固以上の刑や罰金の刑に処せられ5年間免許を受けられない
 場合や成年被後見人等又は破産手続きの開始決定を受けている場合は、欠格事
 由に該当し、免許の申請をしても拒否されます。


・免許申請者
  
免許申請は、個人又は法人でできますが、商号や名称が法律によって使用を禁
 止されている場合、地方公共団体・公的機関と名称が紛らわしい場合などは、商号
 や名称を変更しなければ申請することはできません。
 新規に法人を設立し、宅建業免許申請をお考えの方 ⇒
 会社設立のページへ

・政令使用人

  免許申請者である代表取締役が常勤できない本店、支店等には政令使用人を
  設置する必要があります。
政令使用人は、事務所の代表者で、契約を締結する
  権限を有する使用人のことを言います。


                                  このページの先頭へ 

宅建業免許申請の流れ

 

 宅建業免許申請手続きの流れは、知事免許の場合、下記の通りとなります。

  • @申請書類の作成: 会社の基本情報、事務所、役員や専任の取引主任者など
  • A免許申請: 不備書類等の補正がある場合は、補正完了後に申請
  •        申請時に手数料3万3千円が必要(国土交通大臣免許は、9万円)
  • B審査: 審査の期間は書類受付後、約30日から40日
  • C免許: 申請者へ通知
  • D営業保証金の供託又は保証協会への加入:   
  • E免許証交付:        
  • F営業開始: 専任の宅地建物取引士の登録、業者票などの掲示 


 新規に法人を設立し、宅建業免許申請をお考えの方 ⇒ 会社設立のページへ
    
                                       このページの先頭へ 

宅建業免許申請の必要書類

 免許申請に必要な書類は下記の通りで、正本1部、副本1部の合計2部必要となります。

  1. 免許申請書
  2. 相談役及び顧問、5%以上の株主・出資者等の名簿(法人申請のみ)
  3. 身分証明書(役員、専任宅地建物取引士、政令使用人など全員必要)
  4. 登記されていないことの証明書(役員、専任宅地建物取引士、政令使用人など全員必要)
  5. 代表者の住民票(個人申請時)
  6. 略歴書(役員、専任宅地建物取引士、政令使用人など全員必要)
  7. 専任の宅地建物取引士設置証明書
  8. 宅地建物取引業に従事する者の名簿
  9. 専任の宅地建物取引士の顔写真貼付用紙
  10. 法人の履歴事項全部証明書(法人のみ)
  11. 宅地建物取引業経歴書
  12. 決算書の写し(法人のみ)
  13. 資産に関する調書(個人のみ)
  14. 納税証明書(税務署発行の様式その1、新設法人は不要)
  15. 誓約書
  16. 事務所を使用する権原に関する書面
  17. 事務所付近の地図
  18. 事務所の写真   

  *上記は、知事免許申請の必要書類ですが国土交通大臣もほぼ同様の書類が必要です。

                                        このページの先頭へ


宅建業免許の更新・変更届出

 (更新)    
   
免許の有効期間は、5年で、有効期間満了後引き続き宅建業を営む場合、
   有効期間が満了する日の
90日前から30日前までの間に更新の免許手続きを
   することが必要となります。
    免許の更新申請の手続きは、おおむね新規免許申請と同様です。更新に
   あたっては、必要な変更手続きや欠格事由に当たっていない等の要件が
   あります。


  (変更届出)
    
宅建業法に掲げる事項について変更があった場合は、30日以内に免許を
   受けた都道府県知事又は国土交通大臣に届出なければなりません。
    届出の書類は、変更内容によって異なり、必要な証明書(3か月以内の 
   もの)も変更内容によって異なります。変更の手数料は無料です。


                                       このページの先頭へ

お問合せ・報酬

(お問合せ)

  行政書士ハーツ事務所のご相談についてのお問い合わせは、こちらで受付しております。
 お問合わせ時には、下記の項目をお知らせください。
 @お名前 Aご連絡先(電話・メールなど) Bご住所 Cお問合わせ内容(400字以内)

 *お問合わせ内容によっては、お答えできない場合、面会によるご回答となる場合がございます。また、具体的な
   ご相談内容に関して、電話やメール等でのご回答はできませんのでご了承ください。

  電話 03-6908-9633 (受付時間: 平日9:00〜18:00)
  E-Mail:  お問合せのページよりメール下さい。⇒ 
  (@お名前Aお電話B住居の区市町村名C内容400字以内をご記載下さい。)
  *記載事項が不足しているメールへのご回答はできませんのでご了承ください。

  
(報酬)
 
  主な報酬の一例です。お問合わせ後、正式なお見積りをいたします。
  消費税、登録免許税等の法定費用は含まれていません。 
  宅建業免許申請書類作成(都道府県知事免許): 100,000円〜
  宅建業免許申請書類作成(国土交通大臣免許): 150,000円〜
  免許換え(知事免許から大臣免許への変更など): 150,000円〜
  保証協会入会書類作成: 30,000円〜
  *保証協会と宅建業免許を同時申請の場合、割引いたします。
  宅建業免許更新申請書作成: 80,000円〜
  宅建業免許の変更届出の書類作成: 25,000円〜
  会社設立: 69,000円〜
  *会社設立と宅建業免許申請を同時に行う場合、割引致します。
 
 


バナースペース

行政書士ハーツ事務所

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-20-7-203

TEL 03-6908-9633

(駅からのアクセス)
高田馬場駅より5分(JR山手線、 西武新宿線、東西線)
西早稲田駅より5分(副都心線)
新宿駅より山手線2駅
新大久保駅より山手線1駅
池袋駅より山手線2駅

(官公署などからのアクセス)
高田馬場公証役場より10分
新宿区社会福祉協議会より5分


<主要サポート地域>

(東京23区)
千代田区・中央区・港区・
新宿区・文京区・品川区・
目黒区・大田区・世田谷区・
渋谷区・中野区・杉並区・
豊島区・北区・板橋区・
練馬区・台東区・墨田区・
江東区・荒川区・足立区・
葛飾区・江戸川区

(東京多摩地区)
立川市・国立市・昭島市・
武蔵村山市・東大和市・
国分寺市・小金井市・
府中市・八王子市・三鷹市・
武蔵野市・日野市・羽村市・
町田市・福生市・青梅市・
調布市・あきる野市・狛江市
多摩市・稲城市・小平市・
東村山市・西東京市・
清瀬市・東久留米市・
瑞穂町・日の出町・檜原村・
奥多摩町


(JR山手線沿線)
新大久保・目白・高田馬場
新宿・池袋・代々木・原宿・
代々木・渋谷・大塚・巣鴨・
駒込・田端・恵比寿・目黒等

(西武新宿線沿線)
下落合・中井・新井薬師前・
沼袋・野方・都立家政・
下井草・上石神井・花小金井・
田無・小平・東村山など

(東京メトロ東西線沿線)
落合・中野・高田馬場・
早稲田・神楽坂・飯田橋・
九段下・竹橋・大手町・
日本橋・茅場町など 

(東京メトロ副都心線沿線)
西早稲田・雑司が谷・池袋・
東新宿・新宿三丁目・要町・
北参道・明治神宮前・千川・
小竹向原・氷川台・平和台等

(JR中央線・総武線沿線)
新宿・大久保・東中野・
中野・高円寺・阿佐ヶ谷・
荻窪・西荻窪・吉祥寺・
三鷹・ 武蔵境・東小金井・
武蔵小金井・国分寺・国立・
立川・飯田橋・四谷など 

(東京メトロ丸の内線沿線)
西新宿・中野坂上・新宿・
新宿三丁目・赤坂見附・
霞が関など

(都営大江戸線沿線)
新宿西口・都庁前・東新宿・
牛込神楽坂・青山一丁目・
六本木・麻布十番など

(都営新宿線沿線)
新宿三丁目・曙橋・市ヶ谷・
九段下・神保町など

(小田急線沿線)
南新宿・代々木上原・下北
沢・経堂・成城学園前など

 (京王線沿線)
初台・笹塚・明大前・調布・
府中など

 (その他)
神奈川県・埼玉県・千葉県